Postfix SpamAssassin インストール

この章を始める前に下記の設定が必要です
「RPMforge EPEL ELRepo Remi リポジトリインストール」 「アンチウイルス Clam Antivirus インストール」 「Postfix Dovecot インストール」
Spamassassinインストール
[root@centos ~]# yum -y install spamassassin
SpamAssassin起動
[root@centos ~]# systemctl start spamassassin
[root@centos ~]# systemctl enable spamassassin
[root@centos ~]# systemctl is-enabled spamassassin
enabled
SpamAssassinアップデート
[root@centos ~]# vi /etc/cron.daily/spamassassin
↓下記を記入
#!/bin/bash

cd /etc/mail/spamassassin
wget -qN http://www.flcl.org/~yoh/user_prefs
cp user_prefs local.cf
cat << EOF >> local.cf
report_safe 0
rewrite_header Subject ***SPAM***
EOF
systemctl restart spamassassin > /dev/null
[root@centos ~]# chmod +x /etc/cron.daily/spamassassin [root@centos ~]# /etc/cron.daily/spamassassin [root@centos ~]# ll /etc/mail/spamassassin 合計 720 -rw-r--r-- 1 root root 1299 1月 8 10:22 init.pre -rw-r--r-- 1 root root 328085 1月 20 03:55 local.cf ←local.cfを確認 -rw-r--r-- 1 root root 64 1月 8 10:22 spamassassin-default.rc -rw-r--r-- 1 root root 35 1月 8 10:22 spamassassin-helper.sh -rw-r--r-- 1 root root 55 1月 8 10:22 spamassassin-spamc.rc -rw-r--r-- 1 root root 328071 1月 19 10:00 user_prefs -rw-r--r-- 1 root root 2602 1月 20 03:51 v310.pre -rw-r--r-- 1 root root 1195 1月 8 10:22 v312.pre -rw-r--r-- 1 root root 2416 1月 8 10:22 v320.pre
Postfix再起動
[root@centos ~]# systemctl restart postfix
procmail設定 (POPの場合)
[root@centos ~]# vi /etc/procmailrc
↓下記を記入
SHELL=/bin/bash
PATH=/bin:/usr/bin
DROPPRIVS=yes
MAILDIR=$HOME/Maildir
DEFAULT=$MAILDIR/
LOGFILE=$MAILDIR/procmail.log

# 件名に「未承諾広告※」を含むメールを破棄
:0
* ^Subject:.*iso-2022-jp
* ^Subject:\/.*
* ? echo "$MATCH" | nkf -mwZ2 | sed 's/[[:space:]]//g' | egrep '未承諾広告※'
/dev/null

# ヘッダーに「X-Spam-***」がない場合、spamassassinを起動
:0fw
*!^X-Spam.*
|spamassassin
Outlook Expressの設定 (POPの場合)

1.上部メニューから「ツール」>「メッセージ ルール」>「メール」をクリック。

2.「新規作成」をクリック。

3.「件名に指定した言葉が含まれる場合」にチェックを入れ
「指定した言葉が含まれる」をクリック。

4.「***SPAM***」と入力して「追加」をクリック。

5.「OK」をクリック。

6.「指定したフォルダに移動する」にチェックを入れ
「指定したフォルダ」をクリック。

7.「新規フォルダ」をクリック。

8.「SPAM」と入力して「OK」をクリック。

9.「SPAM」を選択して「OK」をクリック。

10.「OK」をクリック。

11.「OK」をクリック。
既存ユーザー用スパムメールボックス作成(IMAPの場合)
[root@centos ~]# mkdir -p /home/user_name/Maildir/.spam/{cur,new,tmp}
[root@centos ~]# chmod -R 700 /home/user_name/Maildir/.spam
[root@centos ~]# chown -R user_name:user_name /home/user_name/Maildir/.spam
追加ユーザー用スパムメールボックス作成(IMAPの場合)
[root@centos ~]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/.spam/{cur,new,tmp}
[root@centos ~]# chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/.spam
procmailrc編集(IMAPの場合)
[root@centos ~]# vi /etc/procmailrc
↓下記を記入
SHELL=/bin/bash
PATH=/bin:/usr/bin
DROPPRIVS=yes
MAILDIR=$HOME/Maildir
DEFAULT=$MAILDIR/
SPAM=$MAILDIR/.spam/
LOGFILE=$MAILDIR/procmail.log
#VERBOSE=ON # 詳細ログ出力

# 件名に「未承諾広告※」を含むメールを破棄
:0
* ^Subject:.*iso-2022-jp
* ^Subject:\/.*
* ? echo "$MATCH" | nkf -mwZ2 | sed 's/[[:space:]]//g' | egrep '未承諾広告※'
/dev/null

# ヘッダーに「X-Spam-***」がない場合、spamassassinを起動
:0fw
*!^X-Spam.*
|spamassassin

# ヘッダーに「X-Spam-Status: Yes」がある場合、「.spam」ディレクトリに格納
:0
*^X-Spam-Status: Yes
$SPAM
スパムメール学習 (IMAPの場合)
[root@centos ~]# vi /etc/cron.daily/sa-learn
↓下記を記入
#!/bin/bash

# spamフォルダをスパムとして学習
/usr/bin/sa-learn --spam /home/*/Maildir/.spam/cur

# Maildirフォルダを通常のメールとして学習
/usr/bin/sa-learn --ham /home/*/Maildir/cur

# spamフォルダ削除する場合は下記をコメント解除
#/bin/rm -f /home/*/Maildir/.spam/cur/*
Outlook Expressの設定 (IMAPの場合)

1.「IMAPフォルダ」をクリック。

2.「リセット」をクリック。

3.「spam」フォルダを選択して「表示」をクリック。

4.「OK」をクリック。
スパムメール送信テスト
[root@centos ~]# echo "XJS*C4JDBQADN1.NSBN3*2IDNEN*GTUBE-STANDARD-ANTI-UBE-TEST-EMAIL*C.34X"|mail user_name@centos.orz
Home PageTop